読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PJ表参道

恋愛やビジネスについて書いていきます。表参道在住。

【LINE画像あり】デートに誘うまでのLINEのやりとり2パターン(少しやりとりしてから誘う or すぐ誘う)

恋愛戦略(男)

ご飯デートにLINEで誘うときのやり方を書いてみる。

LINEのやりとりで大切な3つのこと

LINEをする目的は、デートの約束をとりつけることで、やりとりを楽しむことが目的ではない、という前提で話を進めていく。

女の子が自分に興味をもってくれていたら、特に悩まずともデートの約束をとれるはずだ。しかし、そうでないときにどうするか?ぼくは、以下の3つに気をつけてやりとりをしている。

①重いと思われないようにする

女の子と話していると、男からのメールが重いとかしつこいという話を聞く。女の子の返信が遅れたときに、男の方から「忙しいのかな?」とメールを送ってしまったり、女の子が短い文章で送っているのに、長文を送ってしまったり。そんなメールが来たら「この人は一度会ってしまったら、もっとしつこくされそうだなー。会うのはやめとおこう」と思われてしまう。

②相手と対等もしくは優位な関係にたつ

あなたが狙っている女の子は、他の男も狙っているはずだ。かわいいと褒めまくったり、変に下手に出るとその他大勢の男と同じ扱いをされてしまう。卑下することなく、自信を持って対応してほしい。

③少し楽しいなと思わせる

メールで思いっきり笑わせるのは難しいし、そもそもメールで爆笑を取る必要はない。ちょっとの楽しさがあれば十分。無理して笑いをとりにいき、うざいと思われるリスクの方が大きい。面白いと思っているネタは会ったときにとっておこう。

では、上に書いた①②③を達成するためにどうやってLINEをしたらいいか?

相手よりちょっと遅いタイミングで、ちょっと少ないボリュームで

重いと思われないために、相手より立場が低くならないために、相手よりLINEのタイミングやボリュームを少し落とす。

あなたが仕事をバリバリやっていて、プライべートも友達や他の女の子からの誘いが多くて、忙しい男だったら・・・とイメージしてほしい。自然とそんな感じになるのではないだろうか。

先ほども書いた通り、自分が狙っている女の子は、自分以外の男も同じように狙っているだろうし、女の子同士のLINEもあったりで忙しい可能性が高い。仕事のこととか、趣味のことを詳しく答えるのも、めんどくさいなーと思われることもある(とは言っても、少しは話題に出さないとメールが続かないが)ので、根掘り葉掘り聞かない方が無難。

あと、男が絵文字とかスタンプをたくさん使うのを、キモいと思う子も多いので、使用量は少なめに。今書いたことをさくっとまとめると、以下の通り。

LINEのタイミング:相手よりやや遅く

文字、絵文字、スタンプの数:相手より少なく

どんな絵文字やスタンプが使い勝手が良いかは研究中なので、追って報告したい。

会話に少量のスパイスを

そして、短いやりとりの中でも「この人と話したら楽しそうだな」と思ってもらえる、少量のスパイスが会話にほしいところ。自分が考えるスパイスは以下の通りなので、ご参考まで。

勝手に決めつける(職業、好きな食べ物、性格など)

他の男が「週末は何しているんですか?」という質問をしている中で、「◯◯ちゃんって、△△っぽいよね?」といったLINEを送る。勝手に決めつけることって、立場が上の人にはしないので、自分の立場を下げない効果もある。具体的には、以下の感じ。 

  • 「ゆりちゃんって、小学校の先生やってるって言ってましたけど、アパレルで働いてそうですよね!」
  • 「鈴木さんって、お肉が好きそう笑」
  • 「あやちゃんって小悪魔っぽい言われません?笑」

ずるい

ずるいって言葉は便利だなーと。相手を落としているようで、ディスってる感じに聞こえないので、安心して使える。例えば、以下の通り。

  • 「見た目ふんわりなのに、頭いいとかずるいよね。」
  • 「できるOL風なのに、メールが可愛いとかずるい。」

デートに誘うタイミング

いけるかな・・・と思った瞬間が正に誘うタイミング。絶対来てくれるというタイミングなんてないのだから、その感覚を頼りにすぐ誘ってほしい。誘うタイミングを考えていると言ってタラタラやっている人は、ビビっているだけ。出会ってからの日数で誘うタイミングの目安を表すと、以下の通り。

合コンとか紹介で出会った場合:出会った翌日

・合コン当日

男「今日はありがとう!楽しかったです(以下、略)」
女「こちらこそどうもです(*^^*)私も楽しかったですよー!(以下、略)」

・合コン翌日

男(夜に)「おつかれさま☆(略)話していて楽しかったので、今度ご飯でも行きません?」

合コンとか紹介の場合は2人が会った目的が明確(男女の出会い)なので、すぐ誘ってしまえばいい。時間をかけてもデートに来てくれる確率は高くならない。むしろ、他の男に狙われたりして、デートに行ける確率は下がる。

久しぶりにメールする場合:2日〜6日

男「久しぶり( ´ ▽ ` )ノふと思い出してメールしたくなった!特には用はないんだけど笑」
女「ほんと久しぶり〜、どうしたの?本当は何かあったんじゃないの?笑」

〜少し近況を話す〜

男「話変わるけど、ひさしぶりにご飯でも行かない?」

久しぶりにメールする場合は、少し近況を話す期間を考えているため、2日〜6日としているが、久しぶりにメールが来た時点で、女の子からすると「目的はなんだろう?」と思っている。話題が途切れたら誘ってしまえばいい。メールのテンポにもよるが、1週間以内に誘ってほしい。

【例1】LINEで少しやりとりをしてからご飯に誘う場合

フィクション*1だが、具体的なLINEのやりとりが分かるように、画像を添付しておく。

<設定>

同じ会社(商社)の若手数人で飲み会を開催。帰り際に、みんなでLINEを交換しようという流れになり、前から気になっていたゆきちゃんのLINEIDを入手。飲み会の帰りにLINEを送るところ。自分は25歳、ゆきちゃんも25歳。   

f:id:pjomotesando:20160111115502j:plain 

【例2】すぐにご飯に誘う場合

次はすぐにご飯に誘うときのイメージ。

<設定>

合コンで少しだけ話をしたあいちゃんに、その日の夜にメールを送るところ。自分は27歳、あいちゃんは25歳で、社会人3年目。 

f:id:pjomotesando:20160111115501j:plain

あっさりしていると思うかもしれないが、これで十分。どちらの例も①重いと思われないように、②立場は低くならないように、③少しだけ楽しませる要素を入れるようにしている。

色々書いたが、誘い方を考えすぎて、誘うタイミングを遅らせてしまうことがないようにしよう。

*1:LINE風トーク画面が作れる「もじまる」にて画像を作成。女の子の画像も自作。