読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PJ表参道

恋愛やビジネスについて書いていきます。表参道在住。

ナンパ初心者は「表参道ヒルズに行きたいんですけど」と家で5回言うだけでいい

恋愛戦略(男)

この前の記事で、恋愛でも動くのが大事だって話をしたけど、ぼくがこの記事を読んだら「行動が大事だなんて分かってる。分かっても動けないから困ってるんだよ」って思う。

そこで、ナンパ初心者に対して、どうしたらナンパができるようになるか書いてみる。

①家で「すみません、◯◯に行きたいですけど」と5回言う

ナンパのことはひとまず忘れてほしい。女の子に目的地までの行き方を聞くことから始める。まずは、道を聞く場所と目的地を決めてほしい。

道を聞く場所

①親切な人や心にゆとりがありそうな人が多くて、②止まっている人が多い場所を考えよう。

道を聞く場所を目的地より先に考えるのは、道を聞くことの心理的ハードルをできる限り下げる必要があるから。目的地ではなく、聞く場所の人柄によって、聞きやすさは変わる。例えば、歌舞伎町で道を聞いたら、そっけなくされそうな気がするだろう。

特にアイディアがなければ、表参道のAO(アオ)ビル前がオススメ。

表参道では、レストランとかショッピングでぶらぶらしている人が多い。そして、AOビルはわりかし綺麗なビルで、駅からも少し離れているので、待ち合わせの人がいるけど、そんなに人も多くないから、道も聞きやすい。でもって、目的地に「表参道ヒルズ」をもってきても、違和感がない距離だ。

目的地

道を聞く場所から、歩いて少しかかる、観光名所とか、有名なビルを選んでほしい。

鏡の前で5回練習する

例えば「すみません。表参道ヒルズに行きたいんですけど、場所知ってますか?」と鏡の前で、実際に道を聞くように、5回言ってみてほしい。

f:id:pjomotesando:20151121200522p:plain

②1回だけ道を聞いてみる

1回だけでいい。こんなの簡単だから、3回はできるだろうとハードルをあげなくていい。具体的にはこんな感じ。

表参道で 道を聞いてみる

土曜日の14:00頃(昼過ぎのゆったりとした時間帯)

表参道駅からAOビルに歩く

道を聞いたら答えてくれそうな女の子を選ぶ。年齢や相手の人数も関係ない。

自分:「すみません。表参道ヒルズに行きたいんですけど、場所知ってますか?」 

女の子:「えっと。表参道ヒルズは、この道ずっと行って、あの表参道の交差点を左に曲がって、少し歩けばありますよ!」

自分:「ありがとうございます!助かりました^^」

表参道ヒルズに向けて歩く。

表参道ヒルズに行く用事もないので、そのまま家に帰る。

③家で「すみません、◯◯に行きたいですけど」と5回言う

②がうまくいったら、また①に戻る。

④2回道を聞いてみる

今度は2回道を聞いてみる。場所はどこでもいいが、特にアイディアがなければ、またAOビルで2回聞いてみてほしい。

⑤ナンパしたい場所で道を聞いてみる

渋谷、丸の内、銀座どこでもいいが、自分がナンパしたい場所で道をきいてみてほしい。回数は1回だけでいい。

⑥おしまい

えっ?ってなるかもしれないが、これでおしまい。

ナンパはめちゃくちゃ勇気がいる

よくあるナンパのブログだと、ナンパのやり方について「まず相手の斜め前に立って・・・」って書いてあるけど、まぁ、普通の人がいきなりそんなのできない。地蔵*1になっておしまい。

ナンパのブログを書いている人って、当然ナンパができる人なので、ナンパ初心者の気持ちとかを軽視しがち。すぐテクニックの話をする。

ナンパって怖いですから。シカトなんてザラ。うるせーよとか言われることもあるし。 それに、ナンパしなくても死にはしないので「まぁ今日できなくてもいいか」となって、結局やらない。はっきり言ってこれが普通の流れ。

ナンパをやってみようかな、という自然な気持ちをつくる

気合を入れればナンパができる人は、そもそもナンパできているはず。では、気合を入れてもナンパができない僕らはどうしたらいいか。

ナンパをしてみたいと自然に思えるようになることがキーになる。

上の方にすごく丁寧に①〜⑥の手順を書いたけど、この手順の中で「俺はもっとできるな」と思って、1日に3回以上道を聞くことができた人は、ナンパができる可能性が高い。

ぼくは道を聞くのは2回までとしか書いていない。それ以上やるというのは、あなたの積極性であり勇気だ。そして、道を聞く回数が増えると、今度は「ナンパしてみようかな」という気持ちが出てくるはずだ。

これがナンパができるマインドの作り方。

ナンパできなくても、家で5回道を聞く練習をしただけでもすごい

正直①〜⑥全てできる人はそんなにいないだろう。道を聞くのも勇気がいる。「え、道を聞くのに勇気なんていらないでしょ笑」という人には、本当の意味でナンパを教えることはできない。

ぼくから言えることは、家で5回道を聞くことだけはやってみてほしい。こんなのやってもやらなくても一緒だと思うかもしれないが、とても意味がある。

道を聞く場所を決め、目的地を決め、5回練習してみる。この瞬間、実際に道を聞いている自分がイメージできているはずだ。このイメージってやつが大事で、なにごともイメージできないことは、実際にやることもできない。

そして、5回練習する人も実はそんなにいないだろう。だって、めんどくさいし、かっこわるいから。だから、5回練習したのなら、それだけで自信を持っていい。実際に道を聞くことができなかったとしても、他の人より前に進むことはできたのだから。

*1:女の子に声をかけられず、地蔵のように立ち止まってしまう状態。ナンパ用語