読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PJ表参道

恋愛やビジネスについて書いていきます。表参道在住。

恋愛工学自体に価値はない

恋愛ネタ

f:id:pjomotesando:20151121161004j:image恋愛工学生に対して、統計を取ってみたい。今までセックスできてなかったけど、セックスできるようになった人がどれくらいいるか。なんとなく1%くらいなんじゃないかなと。結局本を読んだだけで、みんな動かないから。

 恋愛工学だけじゃない。いいレストランを知っていること、かっこよさ、お金、そして、働いている会社。そんなものに価値はない。 

あなたが動くまでは。

恋愛ってシンプルに考えればコミュニケーション。コミュニケーションとは相手にコンタクトすること。直接話すか、電話するか、LINEするか。恋愛に関するノウハウは、コンタクトを取った後の話。コンタクトしなければ価値はない。大切なのはまず動くこと。

普段は自分がモテるみたいな話をしてるけど、合コンに行ったら、大して盛り上げることもできないくせに「今日の女の子は微妙だったよね〜」とか言っちゃう男(でも、実は気になった子がいたりする)より、何だか冴えないけど、がんばって女の子にアプローチしている男の方が尊敬できる。

恋愛に限らず、とりあえずやってみることって本当大事。いろいろ情報集めたり、すごーく考えたりすることより、やることに価値がある。知識に価値はない。知識に行動がくっついて、初めて価値が出てくる。

元LINEの森川さんの記事も読んでみてほしい。

ゴール前でシュートを打てない日本人のメンタリティー

よく学校に通うとか、本を読むとか、好きで学ぶっていうことはリフティングの能力を高めることに近いんですけど、1番大事なのは、やっぱり実践力だと思うんですよね。僕が世界でビジネスをしていると、本当にゴール前でハンドしてシュートというような人ばっかりで、よく嫌がらせ受けたりするんですけど、そのぐらいやっぱりやらないと、世界では勝てないということを考えると、もう少しワイルドな戦い方とか、本当に攻め方、これをちゃんと教えないと、スキルは高いんだけど結果が少ないということが多いかなと。これ、いろんなスポーツの選手に僕、知り合い多いんですけど、監督さんに聞くと、みんな言いますね。日本の人は、とにかく素振りをしてて、ものすごくスキルがあると。ただ、本番で出ないんだと。スキルは多分、どの分野も多分世界一だと思うんです、スキルは。ただ、ゴール前でやっぱりシュートを打てないと、もしくは打たない。そういう、どっちかっていうとメンタリティーの問題があるんじゃないかなというふうに思ってます。

恋愛工学の話はよく聞くけど、実際に動いている人がそんなにいないんじゃないかなーと思って書いてみました。そして、この記事を読んだだけでは彼女はできないです。みなさん動きましょう。